金徳院で参りする人のシルエット

ジャカルタにある金徳院の香炉の回りでお祈りしていた人びとのシルエット
インドネシアのジャカルタにある金徳院という中国寺院で撮影 オザワテツ

金徳院の大きな香炉の周りには合掌してお祈りをする人びとのシルエットができていた

ジャカルタにある金徳院の大きな香炉は屋根の下に設置されていた。参拝客が次から次へと線香を差していくので、何本もの線香が香炉の中に突き刺さっているのが見える。そして、中央にはまるで立てられている線香のボスのような太くて長いロウソクが立てられていた。

近づきつつある春節を祝うために境内には何本ものロウソクが立てられていたから、おそらくはこの香炉の中央に立てられているロウソクも同じ理由で立てられているだけだろう。しかしながら、やって来た参拝客が皆この太いロウソクに向かってお参りをするから、なんだかこのロウソクがこの寺院に祀られた神様のように見えてしまっていた。参拝客よりもずっと高い位置にあるからなおさらだ。

日本ではお参りするときは胸の前で合掌するけれど、東南アジアでは胸の前でなく頭よりも手を高く上げて合掌するのが一般的だ。写真の中に写っている人びとも、合掌している人はみな頭よりも上で手を合わせている。中には、その上げて合掌している手に線香を挟んで持っている人も見える。合掌なんて、どこの国でも同じようにするものだと思っていたけれど、実際に観察すると微妙な違いがあるのが興味深い。

EN

金徳院とは

金徳院はインドネシア・ジャカルタの中華街グロドックにあるクレンテン(現地語で「中国寺院」の意)。1650年に完成したジャカルタ最古の中国寺院。 1650年、カピタン・チナのKwee Hoenが金徳院を建立し、観音菩薩が祀られていることから観音亭と命名された。「観音亭」という名称は「クレンテン (Klenteng)」の語源になり、「クレンテン」は後にインド諸国において中国の宗教施設全般を指す一般的な用語になった。 1740年の華僑虐殺事件で金徳院は全焼した。事件の後、オランダ領東インド総督のグスタフ・ウィレム・ファン・イムホフは、各民族集団を管理しそれぞれのコミュニティの社会的・宗教的問題を調整するための半自治組織を設立した。中国人の民族集団はこの組織を「Kong Koan」と呼んだ。1755年、Kong Koanはカピタン・チナのOey Tji LOの指揮の下で金徳院を再建し、維持管理を担当した。修復された寺は「金徳院」と命名された。

ジャカルタにある金徳院ってどこ?

PHOTO DATA

No

11573

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年06月20日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ