穴の向こうを歩く男

台湾府城隍廟の丸い穴

男はプラスチックの盥を手にしていた

台湾の台南にある台湾府城隍廟で撮影。

台湾府城隍廟の境内をウロウロとしていた。ここに祀られているのは、城隍爺という地域の守護神であると同時に死後の世界を管理するとされる神様だ。一般的には無事息災や商売繁盛などにご利益があるとされているらしい。それにしても、台南の町には多くの寺院が建っている。一番繁盛しているのは、御利益を求めてやって来る参拝客ではなくて、祀られている神様なのではないかと思ってしまう。

ここの寺院も他の寺院と同じように境内は静まり返っていた。そして、参拝客の姿が見える。奥まった場所に大きな香炉が置かれていた。周囲には誰もおらず、香炉からも煙が上がっていない。境内には幾つも香炉が置かれていているから、ここでお参りする人は少ないのかもしれない。じっと香炉を眺めていると、向こうの方に男が現れた。丸い穴の向こうを歩いている。手にはプラスチックの盥を持っていて、中には薬缶が入っているのが見えた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10132
撮影年月
2016年9月
投稿日
2017年05月06日
撮影地
台南 / 台湾
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年5月 町角 台湾
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP