昔ながらの佃煮屋が商売をしていた

昔ながらの佃煮屋
東京の鳥越にあるおかず横丁で撮影
関連する写真

おかず横丁はその名が示す通り、お惣菜を売る小さな店が軒を連ねている商店街だ。かといって、名前に惹かれてやって来ると拍子抜けしてしまうかもしれない。商店街に足を踏み入れた第一印象は至って普通の商店街だということだ。お惣菜を売る店は確かにあるけれど、それほど多い訳ではないし、ここにわざわざやって来ないくても買えるようなものばかりが売られている。東京の観光公式サイトにも取り上げられているけれど、それほど観光に適しているとは思えないのが正直なところだ。そもそもおかずを買いに家から遠いところに足を運ぶ人はどれくらいいるのだろう。

そんな商店街を歩いていると、1軒の佃煮屋を見つけた。昔ながらの佃煮屋だった。窓際には大きな器が並べられていて、売り物の佃煮が展示されている。このような佃煮屋はあまり見掛けない。佃煮といえばスーパーマーケットでパック詰めされているものばかりだ。このような風情のあるお店があるならば、ここまでわざわざやって来る価値はありそうだ。でも、問題なのはこのようなお店は商店街に殆どないことだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年8月 食べ物 東京
デリカテッセン 鳥越

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10240

撮影年月

2017年1月

投稿日

2017年08月08日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

鳥越 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

おかず横丁ってどこ?

PREV & NEXT