市谷亀岡八幡宮の参道は急な階段になっていた

市谷亀岡八幡宮の急な参道

東京の市ヶ谷にある市谷亀岡八幡宮で撮影

関連する写真

市ヶ谷にある亀岡八幡宮は小高い丘の上に建立されていた。今ではすっかり周囲を高い建物に囲まれてしまっているけれど、その昔はさぞかし眺めの良い場所だったに違いない。歴史ある神社はちょっと周囲から高い場所に建てられていることが多い。東日本大震災でも、神社が津波の被害を受けることはあまりなかったと言う。

その理由は高貴な存在は高い場所から市井の人びとを見下ろしたいからだとばかり思っているいたけれど、そうでもないようだ。かつては今よりもずっと海面が高かったから、海辺に建てられた神社は海岸線の後退とともに小高い丘の上に取り残されてしまったという場合が多いのだという。

この市谷亀岡八幡宮もこれほど高い場所にあるから、相当に歴史があるのかと思ったら、太田道灌が建立したとのことでそれほど古いものではない。いずれにしても、この階段を登って行くのは難儀そうだ。都内では愛宕神社にある出世の階段が急峻で有名だけれど、ここの階段も負けじと急峻だった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年8月 町角 東京
市ヶ谷 神社 階段 鳥居

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10245

撮影年月

2017年2月

投稿日

2017年08月12日

更新日

2021年05月26日

撮影場所

市ヶ谷 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

市谷亀岡八幡宮ってどこ?

Prev & Next