亀戸天神の参道を歩く三人組

亀戸天神社の参道を歩く人びと
東京にある亀戸天神社で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

三人組の男女が並んで亀戸天神社の参道を歩いていた

境内に入ると池があって橋が架けられている。橋の上に立つと、亀戸にある亀戸天神社の拝殿に向かってまっすぐに伸びる参道の様子がよく見えた。大勢の参拝客が梅の木に挟まれた細い参道を歩いている。梅の花はそろそろ開花しそうだった。

アーチを描く橋の上に立って眺めていると、お参りを終えたであろう三人組の男女が向こうからやってくるのが見えた。ふたりの女性は着物姿だった。神社にはやはり着物がよくに似合う。

ちなみに、ここはその名が示す通り菅原道真を祀っている神社だ。菅原道真の末裔であった太宰府天満宮の神官・菅原大鳥居信祐が天神信仰を広めるため諸国を巡る中、1661年に江戸の本所亀戸村にたどり着き、元々あった小祠に太宰府天満宮の神木として知られる梅の木で彫った天神像を奉祀したのが始まりなのだそうだ。

ENGLISH
2016年4月 人びと 東京
参道 亀戸 着物 神社 三人組

亀戸天神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

9715

撮影年月

2016年2月

投稿日

2016年04月17日

撮影場所

亀戸 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ