田端八幡神社の鳥居

田端八幡神社の鳥居

境内に青銅の鳥居が立っていた

東京の田端にある田端八幡神社で撮影。

ウロウロと彷徨っているうちに田端八幡神社へと辿り着いた。境内は静まり返っていて、参拝客の姿はない。でも、この神社の歴史は古い。縁起によると、1189年に源頼朝が奥州征伐を終えて凱旋するときに鶴岡八幡宮を勧請して創建されたのだという。

狭い境内の中にも、幾つかの境内社がある。写真の奥に見える鳥居は、そのひとつである富士浅間社の鳥居だ。神格化した富士山を祀っている神社だ。山を信仰の対象にするなんて、まさにアニミズム。一神教を信ずる西洋人には不思議に見えてしまう違いない。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10353
撮影年月
2017年8月
投稿日
2017年11月19日
撮影地
田端 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年11月 建築 東京
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP