簸川神社の階段を親子連は上がっていた、帽子の女性は下っていた

簸川神社の階段と鳥居
簸川神社の階段
似たような写真

長い歴史を誇るものを目にすると、歴史が長いのだから自然と信頼を置いてしまう一方で、あまりにも歴史が長いと本当のところはどうなのだろうと訝しく思う自分もいる。ソロアスター教の聖地であるイランヤズドで聖なる火を見たときもそうだった。470年から1500年以上もの間、一度たりとも消えることなく燃え続けているとされているけれど、それは本当なのかと思ってしまったのだ。その僕の思いを裏付けるかのように、この火は1978年のイラン革命のときに一度消えてしまっているという噂も耳にした。本当のところがどうなのかはわからないものの、理解を越えた長さを誇られると僕は胡散臭さも同時に感じるらしい。

そこでこの日に訪れた簸川神社だ。小石川植物園の脇にある高台の上に鎮座するこの神社の創建は、社伝によると473年。ヤズドのゾロアスター教寺院で燃え続ける聖なる火と同じくらいの歴史を誇るのだ。しかしながらどうなのだろう。イランではその当時ササン朝ペルシャという帝国が存在していたのに対し、日本はまだ古墳時代中期。「宋書」に登場する倭の五王でさえ誰だか比定されていないくらい昔のことだ。その社伝を胡散臭く感じても仕方がないだろう。

ENGLISH
2023年1月 町角 東京
親子 千石 神社 階段 鳥居

PHOTO DATA

No

12428

撮影年月

2022年10月

投稿日

2023年01月13日

更新日

2023年08月10日

撮影場所

千石 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT