足利織姫神社の長くて急な石段は地元の高校生のトレーニング場でもあった

織姫神社の石段を駆け上がる高校生
栃木にある足利織姫神社で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

山の中腹に建てられている足利の織姫神社の参道は急な石段になっている。229段もある石段を登るのは普段運動していない人間にはちょっとつらい道程だ。そんな急な階段を多くの人がゆっくり一歩一歩ずつ登っている一方で、一段飛ばしで階段を駆け上がっていく若人の姿がある。

どうやら近くにある高校が神社参道を練習場に使っているようなのだ。石段の上に立って、渡良瀬川の景色を眺めていると五月雨式に高校生が階段を上がってくる。高校生たちは参拝するために石段を登ってくるわけではないので、頂上で小休止するとまだ石段を下りていく。石段を駆け上がるのを繰り返しているのだ。きついメニューだ。

石段を駆け上がるだけでもすごいと思うのに、高校生たちはすれ違う度に見ず知らずの僕に挨拶をしてくれる。ちょっと心地よい。でも僕は聞いたことがある。地方によっては、見ず知らぬ人に積極的に声をかけるところがあるということを。不審者が声を掛けられると見られていると思い、防犯になるのだという。そのため高校生などが明らかに地元の人ではない人を見かけると積極的に声をかけるのだ。

僕は不審者と思われている。挨拶されて心地よいものの、同時に不審者とも思われているのにちょっと気持ちは凹んでいた。それは高校生たちがすれ違う人全員に声を掛けているのを見ても、なかなかもとには戻らなかった。

ENGLISH
2021年10月 人びと 栃木
足利 バック・ショット 走る 男子学生 神社 階段 鳥居

足利織姫神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

12060

撮影年月

2021年4月

投稿日

2021年10月15日

更新日

2021年11月10日

撮影場所

足利 / 栃木

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ