ヒジャブをかぶった親子

ヒジャブをかぶった親子
インドネシアのチルボンで撮影 オザワテツ

バイクに乗って近づいてきた親子はどちらもヒジャブをかぶっていた

バイクが行き交う細い路地を通り抜けると、チルボンにあるカノマン市場の裏にある広場のような場所に行き着いた。モスクがあって、その前に屋台が出ていたりして、人びとが大勢集まって賑わうポテンシャルは揃っているのだけれど、いかんせんこの時は静まり返っていた。礼拝の時間ではないモスクの中には誰もおらず、屋台で食事を楽しんでいる人もいない。

質素なモスクの中を見学して外に出てくると、バイクに乗った親子連れが近づいてきた。写真の親子だ。お母さんは緑色の、幼い女の子は真っ赤なヒジャブをかぶっている。近づいてくるからには何かしら質問をされるのだろうと身構えていると、案の定話しかけられた。「どこから来たの?」とお母さんが英語で話しかけてきたのだ。

「日本からだよ」と答えるとふたりは満足そう。ふたりで僕がどこの国から来たのかクイズでもしていたのだろうか。僕は僕でふたりが満足そうにしている理由がよくわからなくてモヤモヤしたので、返す刀でカメラを向けるとふたりは快く応じてくれた。女の子はまっすぐにカメラを見据えている横で、お母さんはちょっと照れてしまっていた。

EN

チルボンってどこ?

PHOTO DATA

No

11801

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年01月29日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る