ゆで卵を売っていた女性

カノマン市場でゆで卵を売っていた女性
インドネシアのチルボンにあるカノマン市場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

女性の前には大量のゆで卵が並べられていた

チルボンにあるカノマン市場の中を歩いていると、ちょっと青みがかった大量のを前に並べて売っている女性がいた。卵の殻には何かが印字されていて、見るからに生卵ではない。東南アジアで生卵ではない卵を大量に売っているとなると、僕はあるものを思い出す。フィリピンでバロットと呼ばれる孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵だ。

これは中国や東南アジアでは結構食べられているメジャーな食べ物で、ベトナムではホビロン 、カンボジアではポンティアコーン、中国では毛蛋 、死胎蛋、鴨仔蛋などと呼ばれている。呼び名は忘れてしまったけれど、ラオスでも売られていたと思う。僕は食べたことがないけれど、食べると骨がコリコリして美味しいらしい。でも、卵を割ると孵化寸前のアヒルの雛の姿が現れる代物だ。僕にはちょっとハードルが高い。

よく見てみると、陳列された卵の中に見本のように半分に割ったものが置かれていた。それを見ると、これらはバロットのようなものではなく単なるゆで卵のようだ。女性に買えとせがまれていたわけでもないのに、ただのゆで卵だと知ってちょっと安心してしまったのは何故だろう。

ENGLISH
2021年1月 インドネシア 人びと
チルボン ヒジャブ 市場 女性

チルボンにあるカノマン市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11794

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年01月22日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ