鮮やかなヒジャブをかぶった女性

鮮やかなヒジャブをかぶった女性
インドネシアのチルボンにあるカノマン市場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

服装に合わせて鮮やかなヒジャブをかぶった女性が歩いていた

イスラム教徒の女性は髪を隠すのがマナーというか宗教上の嗜みになっている。外を出歩くときにはヒジャブチャドル、ブルカ、アバヤなどで髪の毛もしくは顔全体を隠すのだ。ムスリムが多数を占めるここインドネシアでも町で見かける女性のほとんどはヒジャブやチャドルで髪の毛を隠していた。

このようなイスラム教の服装規定は、実は聖典であるコーランに記載されているものではない。髪の毛を隠すとか、顔を隠すだとか具体的な事柄は記載されていない。

「慎み深く目を下げて、陰部は大事に守っておき、外部に出ている部分は仕方がないが、その他の美しい所は人見せぬよう。胸には蔽いを被せるよう。」

このように曖昧に書かれているに過ぎない。この文言の解釈によって顔を隠さねばならないとか髪の毛を隠さねばならないと解釈されているのだ。「外部に出ている部分は仕方がない」という箇所から顔も隠せるなら隠すし、「美しい所は人に見せぬよう」という箇所から髪の毛を隠すということになるというわけだ。預言者ムハマンドの生きていた時代から女性の髪の毛は美しいものと認識されていたのだ。

チルボンにあるカノマン市場で見かけた女性もやはりヒジャブで髪の毛を隠していた。女性のヒジャブは着ているベージュ色の服に合わせた鮮やかな山吹色をしていた。ヒジャブやチャドルは黒いものを用いている人が多いけれど、この女性のように美しくコーディネートしている人もいる。でも、あまりにも美しく着飾ってしまうと「美しい所は人見せぬよう」というコーランの記載に抵触してしまうのだろうか。

ENGLISH
2021年1月 インドネシア 人びと
チルボン ヒジャブ 市場 色鮮やか 女性

チルボンにあるカノマン市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11789

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年01月17日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ