ヒジャブをかぶったマネキン

店先に陳列されたヒジャブをかぶったマネキン
インドネシアの中央ジャカルタ市にあるショッピングモールで撮影 オザワテツ

店先に置かれたマネキンもヒジャブをかぶっているのもお国柄だ

打って変わって、この日は近代的なビルが建ち並ぶ中央ジャカルタ市を歩いていた。道は広く、建っているビルは高い。近代的な町並みだった。ここには高級ホテルもあるし、高級ショッピングモールもある。中央ジャカルタ市という名前の通り、ジャカルタの中心部だ。歩いている人も小綺麗な格好をしている人が多く、ちょっと僕には居心地が悪い。

タムリン通りという目抜き通りを歩いていると、ジャカルタはとても近代的な町に思える。しかし、そのような印象を抱かせる町並みは、あっけなく終わりを告げるのが東南アジアらしい。タムリン通りと交差する通りに入って、グランド・インドネシアという高級ショッピングモール(中には紀伊國屋書店も入っている)を越えていくと、すぐに見慣れた町並みになっていく。グランド・インドネシアと同じ通りにある別のショッピングモールも、規模は大きいけれど、もうここには高級な雰囲気は一切ない。タムリン通りからちょっと離れただけで、庶民が買い物に訪れるようなショッピングモールになるのだった。

そのショッピングモールの中には、所狭しと衣料品が陳列されていた。ここは衣料品を扱うお店ばかりが入っているようだ。洋の東西を問わず、衣料品のメインターゲットは女性で、ここで売られていたのも圧倒的に女性ものだ。とあるお店に置かれていたマネキンも女性で、頭にはしっかりとヒジャブをかぶっていた。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

中央ジャカルタ市ってどこ?

PHOTO DATA

No

11661

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年09月07日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ