歩道に並んだ画家

歩道に並ぶ画家と柱にも描かれた絵画
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

ハヤム・ウルク通りの一角にある画家が集まった場所では柱にも軽いタッチの絵画が描かれていた

ジャカルタのハヤム・ウルク通りを歩いていると、露天商が並んでいる場所へとやって来た。画家と古物商が多かった。古物商はコインやお札を路面に並べていて、画家の人は壁際に作品を並べていた。同じインドネシアバリ島ウブドでも、画家を称する人に大勢会ったし、町の至る所で絵画が売られていたけれど、大都市の町角でなかなかこれだけの量の画家が一堂に会して働いているのを見かけるのは珍しい。

この歩道は画家の人たちにとっては、ギャラリーであると同時にスタジオでもあるようで、自分の作品を歩行者が見られるように並べ、その横でせっせと作品制作に励んでいた。

作品は肖像画が多い。一般人を描いたものもあれば、僕にでもわかる有名人の顔を描いている作品もあった。ここでは有名無名に関わらず、肖像画が人気のようだ。その代わり、バリ島のように神話の世界を描いた作品は少なかった。

画家が並んでいる場所の柱に目を向けると、こちらにも絵画が描かれていた。肖像画ばかりが並んでいる画家の周辺とは打って変わって、こちらにはインドネシアの風俗が描かれていた。個人的にはセレブの肖像画よりも日本と異なる風俗が描かれている方が興味を惹かれてしまう。

EN

ハヤム・ウルク通りってどこ?

PHOTO DATA

No

11537

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月23日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ