キャンバスの中の女性もヒジャブをかぶっていた

キャンバスの中でもヒジャブをかぶった女性
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

ハヤム・ウルク通りの一角で画家が描いていた女性の肖像画はヒジャブをかぶっていた

ジャカルタの通路のようになった歩道に何人もの画家が腰を下ろしていた。道端にいるのになぜ画家だと分かるのかと言うと、その辺りには画家の作品が並べられていて、まるでギャラリーのようになっているからだった。歩道脇の壁際に作品を並べつつ、画家たちは作品を制作しているのだった。ここは言わば、数メートルおきに画家のギャラリー兼スタジオが並んでいるのだ。

写真のベレー帽をかぶった男もそのギャラリー兼スタジオにいたひとりだ。ちょうど注文が入っているようで、キャンバスを前にしてデッサンしていた。中には素描の女性の顔が浮かび上がっていた。画家の周りにはモデルの女性はどこにもいない。画家が注視しているのは小さなスマホの画面だった。実物のモデルに目の前に座ってもらう代わりにスマホの写真を見ながら描いているようだ。

そう思いながら眺めていると、キャンバスの中にいる女性さえもヒジャブをかぶっているのに気がついた。参考にしている写真がヒジャブをかぶっているからなのだろうけれど、現実から離れたキャンバスの中でくらい、好きな髪型で飾ってあげてもいいような気がした。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ハヤム・ウルク通りってどこ?

PHOTO DATA

No

11538

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月24日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ