映画の看板

映画の看板を描いていた男
台湾の台南で撮影 オザワテツ

男が映画の看板を描いていた

道端で腰を屈めている男がいた。男の目の前には大きなキャンバスが立てかけられている。映画の看板だった。通りの反対側には映画館が見える。この映画館に掲げるための看板なのだろう。男は黙々と看板を描いている。僕が近寄っても、見向きもしなかった。寡黙な職人タイプの人のようだ。

映画館で上映する映画が変わるので、看板も書き換える必要があるのだろう。看板は再利用するようで、男は既に描かれている絵の上に新たに他の絵を描いていた。どうやら、パンダやトラが出てくるアニメ映画から、大人のラブロマンス映画に変わるようだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

台南ってどこ?

PHOTO DATA

No

10048

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年02月22日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ