男がキャンバスにバロンという獅子の姿をした聖獣を描いていた

バロンの姿を描く男
バリ島のウブドで撮影
関連する写真

とあるアトリエで働いていた男。ちょうど絵画を製作中だった。ウブドの町のお土産物屋では多くの絵画が売られている。ということはこの島には多くの画家と工房があるとうことだ。島の人口に比べると多くの画家がいるように思える。ひょっとしたら、ここでは画家はありふれた職業なのかもしれない。

写真の画家ははちょうど仮面を被った男の箇所を描いているところだった。仮面の男たちはおそらく神様だろう。題材は異国情緒に溢れていた。お土産には打ってつけだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2009年9月 インドネシア 人びと
キャンバス 画家 工房 ウブド
ウブドで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

3204

撮影年月

2009年6月

投稿日

2009年09月23日

更新日

2022年02月14日

撮影場所

バリ島 / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ウブドってどこ?

PREV & NEXT