職人がドアの枠に仏画を描いていた

仏画を描く男
ネパールのパタンで撮影
関連する写真

職人が建物の玄関先で仕事をしていた。男は真剣な表情で扉の周りに瞑想している仏陀の絵を描いていた。仏陀の絵はひとつひとつはあまり大きくないので、細心の注意を持って描いているようだ。

この国の大多数の人はヒンドゥー教徒で、家の装飾に仏画を描くなんて珍しい。この家の持ち主はかなり敬虔な仏教徒なのかもしれない。ひょっとしたらチベットから難民なのかもしれない。そういえば、描いている職人もネパール人ではなくチベット人のような顔立ちをしている。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2013年3月 ネパール 人びと
画家 パタン
パタンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

7304

撮影年月

2009年6月

投稿日

2013年03月04日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

パタン / ネパール

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

パタンってどこ?

PREV & NEXT