町角の古銭商

ジャカルタの町角に商品を並べた古銭商
インドネシアのジャカルタで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

ジャカルタの町角では地べたに古いコインやお札並べた古銭商が店を開いていた

ハヤム・ウルクという、かつての王様の名前を冠したジャカルタにある大きな通りを南下していた。歩道は南国でよく見られるような建物の中に食い込んでいるタイプだった。日差しをしっかりと遮ってくれる歩道は、露天商にとっては格好の商売場所にもなるのだ。

通りかかった場所は、ちょうどそのような場所だった。日陰の路面に商品を並べて、何人もの人がお店を開いていた。理由はわからないけれど、この辺りにお店を開いているのは画家と古物商ばかりだった。写真の人は後者で、路面に古いコインやお札を並べて売っていた。

買うつもりはないままに並べられているものを見てみると、オランダ統治時代のお札やコインに混じって、かつての日本軍が旧オランダ領東インドで発行した軍票が並んでいたりして面白い。

1800年にポルトガル領東ティモールを除く東インド諸島の全てがオランダ領東インドとなり、ほぼ現在のインドネシアの領域全体がオランダ本国政府の直接統治下に入って以来、インドネシアは一貫してオランダの植民地だったのだが、第二次世界大戦末期の1942年から1945年までは日本が統治していた時代もある。そして、その時代に日本軍が軍票を発行していたのだ。

その軍票が戦後どのような経緯を経たのかは分からない。でも、結構な量の軍票が発行されたのだろう。戦争から80年近くたった今でも、町角の古銭商の店先に並べられるくらいの量が出回っているのだ。

ENGLISH
2020年5月 インドネシア 人びと
ジャカルタ 男性 お金 歩道 露天商

ハヤム・ウルク通りってどこ?

PHOTO DATA

No

11536

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月22日

更新日

2020年09月10日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

ジャカルタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ