狭くてゴチャゴチャしていた路地

ジャカルタのゴチャゴチャしていた路地
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

足を踏み入れた路地は狭いだけでなく、両端に色々なものが置かれていてゴチャゴチャしていた

ドラマや映画を撮影するときに、お金持ちの家が舞台の時はあまり物を置かず、貧乏を表現したい時には物をゴチャゴチャ置くのだという。物が沢山置いてあるというのは、お金が沢山ある状態を示すような気がするのだけれど、実際には逆なのだ。物があまりなくシンプルな暮らしを演出した方が見ている人は豊かさを感じるなんて、ちょっと面白い。

そこで写真のジャカルタの路地です。狭い通りの両脇には様々な物が乱雑に置かれていてゴチャゴチャしていた。使っているのか分からないバケツが積まれていて、頭上には雨除けのシートが貼られていた。この様子はどこからどう見ても、お金持ちが生活しているような空間ではなかった。

確かにここの通りには、リッチな雰囲気は全く漂っていない。でも、このような通りを歩くと活気を感じるのも事実だ。シンプルで整理整頓された空間からは、何も物語が始まらないような気がする。落ち着き払ってしまって、動きようがないのだ。その点、写真のようにゴチャゴチャした場所からは何かが産まれてくるような気がしてならない。目を凝らすと、この写真の中にも物語の萌芽が転がっているかもしれない。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11676

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年09月22日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ