ベンチでうつ伏せになった女の子

ベンチでうつ伏せになった女の子
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

赤い服をまとった女の子が町角のベンチでうつ伏せに寝ていた

住宅密集地の端にやってきた。この向こうには大きな通りが走っていて、もう住宅は続いていない。迷い込んだジャカルタの住宅密集地は歩いていたらすぐに歩き尽くしてしまう小さいものだったのだ。

そんな町角にボロボロの古い木製のベンチが置かれていた。赤い服をまとった女の子がその上で寝ていた。サンダルも脱いでうつ伏せに寝ていた女の子は不貞腐れていたようで、そこでうだうだしていたのだ。だからと言って、自分ひとりの世界に引きこもっていじけていたわけでもない。視線は往来に向いていた。相手をしてくれる人を探していたのかもしれない。そうこうしているうちに、女の子の視界の中に見知らぬ外国人が入ってきたのだった。

女の子の視線はカメラを抱えた外国人に釘付けだった。外国人が珍しかったのかもしれないし、カメラが珍しかったのかもしれない。いずれにしてもベンチの上に寝転がったまま、じっと僕を見ていた。近寄ってカメラを向けても、頭を上げることはなかった。けれど、視線はまっすぐに僕に向いたままだ。ジャングルの山奥でもあるまいし、カメラを携えた外国人などそれほど珍しいものではないと思うのどけれど、この女の子の瞳の中では珍獣のように映っていたのかもしれない。

ENGLISH

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11860

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年03月29日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF