アンコットの中の難しい顔

アンコットの中の難しい顔
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

走り抜けるアンコットという乗り合いバスの中に難しい顔の女性が乗っていた

歩いていたジャカルタの道は細い割には交通量が多かった。のんびり歩いている人はそれほどいないけれど、車両が頻繁に走り抜けるのだ。バイクも走っているし、ベチャという自転車タクシーも走っていたし、アンコットという乗り合いタクシーも走り抜けている。道は狭くてもみな速度を落とすことなく走っていて、歩行者のことをあまり気に留めていないように思える。道の端っこを歩いている僕は、ちょっと怖いくらいだ。

ちなみにインドネシアは日本と同じように左側通行だ。かつてのの宗主国、オランダの法律に基づいて左側通行になったのだという。あれ、オランダは右側通行のハズなのに、オランダに従って左側通行にしたとはどういうことだろう。

調べてみると、当初はオランダ本国も左側通行だったのだけれど、ナポレオン帝政の支配下に入った時にフランスにならい右側通行に変えているようだ。でも、ややこしいことに、その時インドネシアはイギリス統治下にあったため右側通行に変更されなかったらしい。その後、英蘭協約によりインドネシアは再びオランダ統治下になるのだけれど、交通法規はそのままになっているようだ。

この写真でも、左に進むバイクは道路の左側を走っていて、その向こうをアンコットという乗り合いバスが右に向かって走っている。そして、アンコットに乗っていた女性は僕の疑問を代弁するかのように難しい顔をしていた。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11730

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年11月15日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ