大きな箱を後部に取り付けたバイク

大きな箱を後部に取り付けたバイク
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

男がバイクの後部に取り付けられた箱の中に手を突っ込んでいた

日本でもバイク便というサービスはあって、料金は高いけれど郵便よりはずっと早く配達することは可能だ。僕も当日中に届けたい急ぎの書類を送る時に利用したことがある。そのようなニーズはここインドネシアジャカルタにもあるのだろう。ジャカルタの大きな通りの歩道には後部に大きな箱を取り付けたバイクが停まっていた。バイク便のバイクのようだ。

ちょうど配達物を載せていたところのようで、箱の蓋は開いていて、男が中に両手を突っ込んでいた。とても大きな箱だった。じっと見ていると、箱が大きすぎてこのバイクはバイク便ではないような気がしてきた。

バイク便のメリットは集配所を経由しないでピアツーピアで荷物を運んでくれるというのもあるけれど、渋滞している道路でも渋滞に巻き込まれることなく素早く荷物を運んでくれるというとこにもある。そう考えると、このバイクの後ろに取り付けられた箱は大き過ぎるような気がするのだ。

このような大きな箱、子どもだったらひとりくらいはすっぽり入ってしまいそうな大きな箱を付けた状態ではひどい渋滞で悪名高いジャカルタで、車と車の間をすり抜けて早く移動できるのか疑問だ。あちらこちらで車にぶつからなければすり抜けられないのではないだろうか。もっとも、このバイクがバイク便だと思ったのは僕の勝手な想像だから、本当はトラックで配達したいのだけれど、トラックは高いからバイクを改造しただけなのかもしれない。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11705

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年10月21日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ