壁に落書きをする女の子

壁に落書きをする女の子
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

壁際にはふたりの女の子が立って、落書きに興じていた

ジャカルタの住宅街でも、グラフィティを見かけることがある。グラフィティとはスプレーやフェルトペンなどを使い、壁などに描かれた図像だ。東京でも電車の中から見える場所や高架下などに描かれていることが多い。壁があると何かを描きたくなるのはアメリカでも日本でも、ここインドネシアでも同じなのだろう。アルタミラ洞窟ラスコー洞窟からも分かるように、人類は遥か昔から壁に何かを描いていたのだ。

だからと言って、歩いていてあちらこちらにグラフィティが描かれていると、それはそれでちょっと不安だ。グラフィティのあるエリアは治安が良くないイメージがあるから、できれば目にしないことに越したことはない。無ければ、歩いているところが安全である証拠のような気がするのだ。

住宅街の中を歩いていると、何かを描くのに適した大きな壁があった。クロマニヨン人だったら、何かを描かずにはいられないような壁だった。残念ながら、もうこの世にクロマニヨン人は存在しない。その代わり、ふたりの女の子が壁際に立って何かを描いていた。このふたりが描いていたグラフィティの絵柄はほんわかしていて、のんびりしていた住宅街の雰囲気にピッタリ合っていた。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11681

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年09月27日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ