ゴチャゴチャしていた路地でくつろいでいた男

ゴチャゴチャしていた路地でくつろいでいた男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

ゴチャゴチャした路地で、白い帽子をかぶった男がスマホに見入っていた

何も動くもののないサバンナでガゼルが派手に動いていたら、すぐにライオンに見つけられてしまうだろう。何かひとつだけ動いているのはとても目立つ。それは逆も真なりで、色々な物が動いている中でじっとしているのもまた目立ってしまう。要するに、空気を読まない行動を取るものは、周りから浮くということだ。

ジャカルタ路地にいた男は、薄暗い路地の端に腰を下ろしてじっとしていた。まるで自宅の居間で寛いでいるかのようだった。でも、ここはジャカルタの町中だ。狭くて物が散乱している路地を大勢の人が行き来している。その忙しさの中で、じっとしている男は何もしていないが故にとても存在感を放っているのだ。

何せ周りの人はあっちにこっちに動き回って働いていて忙しそうなのだ。そのような中でスマホの画面に見入っている男の神経のなんと図太いこと。僕の神経もこれくらい太ければ、今と違う人生だったかもしれない。でも、僕には左手に見えるTシャツの男が投げかけている冷たい視線に耐えられる自信はない。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11677

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年09月23日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ