赤いバイクを整備していた青年

赤いバイクを整備していた青年
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

道端にある整備工場では青年が真っ赤なバイクを整備していた

穏やかな道の途中に小さな整備工場があった。中には真っ赤なバイクが駐められていて、横には工具を手にした青年がしゃがんでいた。ちょうどバイクの整備をしている最中だった。インドネシアにおけるバイク保有世帯比率は85%もあり、世界で三番目に高い。ほとんどの世帯でバイクを保有している。日本ではバイクは趣味の乗り物というイメージが強いけれど、ここインドネシアでは生活の移動手段という位置付けだ。それだけ多くのバイクが走っていれば、それを修理・手入れをする整備工場の数も多いに違いない。

移動手段としては自動車の方が快適な気がするけれど、所得が増加しつつあるとはいえ、まだまだ自動車は庶民には高値の花だ。その一方で、バイクは自動車の10分の1程度の価格で購入できる。自然とバイクの保有率が高くなるのだ。このような傾向は他の東南アジア諸国でも同じだ。ちなみに、日本の保有率は下がり続けていて、今では21%程度だ。

バイクを見ていると、ふと思う。自動車ではここのところ電気自動車が増えてきているけれど、バイクの世界ではどうなのだろう。電動バイクはほとんどないような気がする。もっとも、僕が知らないだけで各メーカーから発売されているのかもしれないけれど。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11655

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年09月01日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ