細い路地で休む屋台の店主

ジャカルタの路地で休む屋台の店主
インドネシアのジャカルタにあるタマン・サリ地区で撮影 オザワテツ

ちょっと路地を入ったところで、ぐったりした屋台の店主が休んでいた

自動車も通れる比較的幅の広い道を歩いていた。時折、自動車やバジャイが僕を追い越していく。道の両脇には低層の住宅が並んでいた。ここはジャカルタにあるタマン・サリ地区の中にありふれた住宅街の中だった。道路沿いにびっしりと建物が建っているものの、となりの建物とぴったりとくっついているとは限らない。建物と建物の間に人が通れるような隙間がある場合もあるのだ。

写真の細い路地もそのような建物と建物の間に伸びていた路地だ。路地の出口には屋台が出ていて、その店主が路地を少し入ったところで休んでいた。暑いし、客は来ないしで、ベンチの上でちょっとぐったりしているようにも見える。

疲れ切った顔で休む店主も気になるけれど、僕が気になったのは店主の向こうに伸びている路地の行き先だった。ちょっと奥に行くとバイクが停まっていて、その先が見えなくなっているのが心憎い。どこかへ続いているようにも見えるし、そこで行き止まりになっているようにも見える。足を踏み入れない限り、どちらが正解なのかは分からない路地だった。

EN

タマン・サリ地区とは

タマン・サリ地区はインドネシアの西ジャカルタ市にある地区。西ジャカルタ市では最小の地区(4.37km2)である。南と東に中央ジャカルタ、北に北ジャカルタに囲まれている。タマン・サリ地区にはジャカルタ旧市街、カリブサル運河の東側の領域の南東エリアが含まれています。このエリアは、ジャカルタの最古のエリアで17世紀にバタビア(ジャカルタの古い名前)の行政の中心地だったところです。

ジャカルタにあるタマン・サリ地区ってどこ?

PHOTO DATA

No

11586

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月01日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ