なんてことのない路地を歩くのも楽しい

路地の先を走るバイク
京都で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

細い路地の先をバイクが走っているのが見えた

京都は第二次世界大戦においても、空爆の対象にならなかったため古い町並みが残っていると言われる。伝統的な建造物が多く残っているため、今ではそれを目当てに日本国内はもとより海外からも観光客が訪れてこの町にお金を落としていく。京都の観光産業はいわば先人たちが残した遺産をお金に換えているのだ。

そのようなことを考えていると、昔チェコのプラハで会話を交わした男性を思い出す。男は僕が日本人だと分かると、おもむろに話しだした。「チェコの人は日本人ほど勤勉ではない。過労死するほど働くことなど無いのだ。その代わり俺たちには祖先が建てた美しい町並みがあって、それで食っているのだ」と。

どこに抜けるのかわからぬまま、路地を進んでいた僕はここ京都の町並みは石造りの町並みが広がるプラハと装いは違うけれど、お金の儲け方は似たようなものだと思うのだった。もし空爆の対象にならなかったら、東京にももっと古い建造物が残っていて散策すると楽しい路地も残っていたかもしれないと考えると、ちょっと残念だ。

ENGLISH
2021年4月 京都 乗り物
路地 京都市 バイク

京都市ってどこ?

PHOTO DATA

No

11876

撮影年月

2020年2月

投稿日

2021年04月14日

撮影場所

京都市 / 京都

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ