大徳寺の境内

大徳寺の境内
京都にある大徳寺で撮影 オザワテツ

大徳寺の境内を歩いているとタイムスリップしたかのような気分になる

トボトボと京都市内を北上して大徳寺という寺院に辿り着いた。ここは20を超える塔頭が立ち並ぶ京都でも有数の規模を誇る巨大寺院で臨済宗大徳寺派の大本山だ。多くの神社仏閣のある京都ではマイナーな存在であまり馴染みがない。しかし説話のモデルとしても有名な一休さんは臨済宗大徳寺派の僧で、後土御門天皇の勅命によりここ大徳寺の住持に任ぜられたと聞くと、ちょっとは親しみを感じるかもしれない。

巨大な敷地を保有する大徳寺の境内に足を踏み入れても、あまり寺院に赴いた感じはしなかった。通常の場合、メインの入口である山門を抜けると参道の先に本堂が待ち構えていたりするものだけれど、ここにはそのような景色はどこにもない。確かに進んでいくと山門はあるし、仏殿はあるし、法堂もある。けれども寺院の中を歩いていると言うよりも、遠い昔にあった町を訪れたような気がするのだ。

境内に伸びる石畳の道には、もちろん自動車などは走っていない。両脇にの木が植えられていて土壁が続いていた。誰もいない道を歩いていると、近世にタイムスリップしてしまったかのような気がするのだった。

ENGLISH

大徳寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

11886

撮影年月

2020年2月

投稿日

2021年04月24日

撮影場所

大徳寺 / 京都

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る