男はナマズを捌く前に包丁を研いでいた

包丁を研ぐ男
タイのメークロンにある市場で撮影
関連する写真

もう少ししたら列車がやって来て線路の上から退かなければならないのだけれど、お店の人たちは普段通りに仕事をしているし、買い物客は買い物客で普段通りに商品を見て回っている。写真の青年も普段通りに魚屋で働いていた。男の前には丸い桶が置かれていて、中にはやはり丸い俎板が入れられている。そして、俎板の上には魚が載っていた。ヒゲがあるところを見ると、この不格好な魚はナマズのようだ。この辺りのひともナマズを食べるらしい。ナマズはまさにまな板の上の鯉になっている。ぴくりとも動かない。そう言えば、昔東京の新大久保にナマズ料理の専門店があったけれど、閉店してしまった。

魚屋の男はナマズを捌こうとしているところだ。右手には包丁を持って、左手には細長い砥石を持っている。そして、捌く前の儀式なのだろう。勢いよくカチャカチャと音を立てながら、包丁を砥石にこすり合わせて研いでいた。その所作はかなり素早い。男は若いけれど、かなり熟練した魚屋に違いない。男の後ろでは、扇風機もかなりの勢いで回っていた。

ENGLISH
2018年7月 人びと タイ
魚売り ナイフ メークロン
メークロンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10640

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年07月09日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

メークロン / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

メークロン駅市場ってどこ?

Prev & Next