銀座八丁目に建つ資生堂ビルは真っ赤で格好いい

真っ赤な東京銀座資生堂ビル

東京銀座資生堂ビル

関連する写真

オシャレなイメージのある銀座では建っているビルも個性的でオシャレなものが多いように思える。例えば分厚いガラスで覆われたエルメス銀座店。他にもねじれながら空に向かって伸びるピアス銀座ビルやパンチで穴を開けられてしまったかのような銀座マトリックスビルが個性的な見てくれをひけらかしている。

そのような銀座で八丁目に建つ東京銀座資生堂ビルもオシャレなビルのひとつだ。ビルの形状そのものはエルメス銀座店やピアス銀座ビルと比べると個性的ではないかもしれないものの、真っ赤な外壁は銀座通りを歩く人に訴えかける力を持っている。彩度の低いビルが多い中、原色で彩られたビルは異彩を放っているのだ。

このビルが建っている場所は資生堂の創業地。福原有信が1872年にここで開調剤薬局を開業したのが資生堂の始まりだ。資生堂という商号は中国の古典「易経」の一節から取ったのだという。後楽園といい、資生堂といい、中国の文献から名前をつけているものは多い。日本人にとって長いこと漢文の素養は重要な教養のひとつだったのだ。日本を代表する文豪の夏目漱石もそのペンネームを中国の故事「枕流漱石」から取っているくらいだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年1月 建築 東京
ファサード 銀座
銀座で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12145

撮影年月

2021年11月

投稿日

2022年01月14日

更新日

2022年05月11日

撮影場所

銀座 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

東京銀座資生堂ビルってどこ?

Prev & Next