誰もいない台北孔子廟

閑散としていた孔子廟
台湾の台北にある孔子廟で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

台北孔子廟の境内には誰もいなかった

台北にある孔子廟へとやって来た。現在の建造物は日本軍に破壊された後、1937年に再建されたものだという。儒教は日本でも馴染みのある宗教なのに、なんで日本軍はそのような暴挙に出たのだろう。まあ、半植民地活動の拠点にでもなっていたのかもしれない。

訪れた時、孔子廟の境内には誰もいなかった。人気のない寺院だ。台北市内にある道教や仏教の寺院には大勢の参拝客の姿が見られるのに、ここには人っ子一人いない。儒教は現世利益を約さないから、ここに来ても意味がないと思われていたら興味深い。

いすれにしても、閑散とした境内にいると、まるで僕だけ世界に取り残されたような気がした。もっとも、それが荘厳さの正体なのかもしれないけれど。

ENGLISH
2012年4月 建築 台湾
ファサード 台北 寺院

台北孔子廟ってどこ?

PHOTO DATA

No

6360

撮影年月

2007年1月

投稿日

2012年04月19日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

建築写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

日本国外で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ