看板建築の前のシルエット

シャッターの前のシルエット

シャッターの閉まったお店の前をシルエットが擦れ違っていた

東京の浅草橋で撮影。

歩いていると昔ながらの商店が建っているのが目に入ってきた。ファサードは石造りになっている。でも、もう長いこと商売はしていないようだ。かつては看板が掲げられていたと思しき場所には何も掛けられておらず、シャッターがしっかりと下りていた。このような建築は看板建築という。関東大震災以後にはこのような建築様式で商店が建てられるのが多かったという。しかしながら、時代の流れとともに段々と少なくなってきている。この商店も長いこと営業していないようだから、近い将来に取り壊されてしまうかもしれない。

正面を眺めていると、大勢の人が前を通り過ぎていく。でも、僕のように気に留めている人は誰もいない。写真のシルエットも何事も無かったかのようにシャッターの前で擦れ違っていた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10238
撮影年月
2017年1月
投稿日
2017年08月06日
撮影地
浅草橋 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年8月 町角 東京
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP