バク・バイラブ寺院の屋根から帯のようなものがぶら下がっていた

バク・バイラブ寺院の正面
キルティプルのバク・バイラブ寺院
似たような写真

写真の寺院はパナウティに建っているバク・バイラブ寺院。16世紀に建てられたネワール様式の寺院で本尊はシヴァの化身のひとつであるバイラヴァだ。バイラヴァは「恐怖すべきもの」という意味で、破壊神シヴァの恐怖・不穏な側面を象徴している。多くの場合は憤怒の表情をしており、この寺院のバイラヴァは怒ったトラの姿をしているらしい。

ネワール様式で建てられているだけに、この寺院でも三重に設けられた屋根の上からドバジャと呼ばれる帯がぶら下げられていた。これは神が降臨する道筋を示すシンボルだ。つまり怒ったトラが降臨する際にはこの帯に沿って空からやって来るのだ。

 でコメントする
ENGLISH
2013年7月 建築 ネパール
ファサード キルティプル 寺院

PHOTO DATA

No

7745

撮影年月

2009年7月

投稿日

2013年07月29日

更新日

2024年01月07日

撮影場所

キルティプル / ネパール

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT