特急列車の窓

チルボン駅のプラットフォーム
インドネシアのチルボンにある鉄道駅で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

チルボン駅に停まる列車の窓にはプラットホームの様子が写り込んでいた

ジャカルタから乗った特急列車は3時間近くをかけて、チルボンへと辿り着いた。ジャカルタとチルボンは300キロくらい離れている。それを3時間近くで走り抜けたわけだ。特急列車は特急の名に恥じないくらいの速度で走っていたようだ。

チルボンは古来から中国方面との海産物の交易で栄えたところだ。栄えている町には様々な人が集まってくるのはとの常で、この町にもジャワ人、マレー人、スンダ人、華人やアラビア人の文化要素が混在しているのだという。そもそも、チルボンという町の名前も「混在」を意味するジャワ語の"Caruban"が語源とも言われている。まあ、まだ駅に着いただけだったから、その混在具合は感じられないけれど。

チルボン駅のホームは整備されていて幅も広かった。僕と同じように列車から降りた人びとがパラパラとプラットホームを歩いていた。乗っていた車両だけでなく、列車全体に乗っていた人も少なかったようだ。

改札を抜け出る前に、僕は乗ってきた列車にカメラを向けた。すると、列車の窓にはプラットホームの様子がくっきりと映っていた。

ENGLISH
2020年12月 町角 インドネシア
チルボン 車掌 プラットホーム 反射 列車

チルボンってどこ?

PHOTO DATA

No

11772

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年12月27日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

鉄道写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ