窓ガラスを挟んでゴームリーの彫刻が見つめ合っていた

アントニー・ゴームリーの「反映/思索」
アントニー・ゴームリーの「反映/思索」
関連する写真

東京国立近代美術館の2階でトイレに行こうと思うと、途中に不思議なものが立っている。人の形をした不思議な物体がの外を向いて立っていて、窓の外に立つ同じような人の形をした物体と向かい合っている。展示室の外にこっそりと置かれているものの、これはれっきとしたアート作品イギリスの彫刻家であるアントニー・ゴームリーの「反映/思索」という作品だ。それなのに扱いは雑に思えてしまう。トイレに向かう途中に気が付かなければ、ここにあると気が付かない人も多いに違いない。

人体とは記憶と変化の「場所」であるとするゴームリーは、自身の体をモデルにして作品を作っているという。東京国立近代美術館の2体も本人の体をモデルにしているのだそうだ。そうだとすると窓ガラスを挟んで向かい合っている彫刻はどちらもゴームリーの分身で、自分そのものを見つめていることになる。見つめ合ったまま、ピクリとも動かないのは自分の美貌に見とれているのか、それとも自分自身がメデューサのように見た者を恐怖で硬直させてしまう魔力を持っていたからだろうか。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年11月 静物 東京
作品 北の丸公園 博物館・美術館

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12399

撮影年月

2022年7月

投稿日

2022年11月18日

撮影場所

北の丸公園 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

東京国立近代美術館ってどこ?

PREV & NEXT