掛け軸と女性

掛け軸を熱心に眺めていた女性
台湾の台北にある国立故宮博物院で撮影 オザワテツ

女性が掛け軸を熱心に眺めていた

台北にある故宮博物院は、サンクト・ペテルブルグにあるエルミタージュ美術館とパリにあるルーブル美術館と並んで世界三大美術館に数えられている。ここには歴代中国王朝の財宝が収められているのだ。でも、展示されているものはちょっと路線が違う。ルーブルとエルミタージュが西洋文明の中で発展した美術を展示しているのに対し、ここ故宮博物院には中国文明の美術が展示されているのだ。

西洋美術といえば、油絵が多いけれど、ここには油絵の類はない。代わりに掛け軸が多く収蔵されている。油絵よりも掛け軸の方が、日本人である僕には馴染みがあるとは言え、それを嗜む習慣は僕にはない。掛け軸の前にやって来ると、女性が熱心に掛け軸に見入っていた。素晴しさに打ちのめされているかのようだ。でも、僕にはその掛け軸を堪能する教養は残念ながら無かった。

EN

台北にある故宮博物院ってどこ?

PHOTO DATA

No

9947

撮影年月

2016年9月

投稿日

2016年11月24日

撮影場所

故宮博物院 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ