画面に表示された水墨画

スクリーンを眺める男
台湾の台北にある国立故宮博物院で撮影 オザワテツ

若者がディスプレイに表示された墨絵を見ていた

故宮博物院に展示されているものは辛亥革命前に歴代王朝が収集したものばかりだ。比較的新しいものでも、清の時代のものだ。辛亥革命は1911年だから、どれもこれも少なくとも100年以上前に作られたものということになる。

博物館の中を歩いていると、そんな歴史ある収蔵物を最新技術で展示しているコーナーがあった。大きな液晶のスクリーンがあって、そこに水墨画が表示されている。画面のきめは細かくて、まるで本当にそこに描かれているかのようだった。台湾には電子機器のメーカーが沢山あって、アップルにも供給するくらいだ。現代の技術と伝統的なアートを融合させようと思っても不思議ではない。

面白いことに、スクリーンは動くようになっている。スクリーンの場所によって、水墨画の表示される場所がスムーズに変わるのだった。僕の前に立っている男も、感心しながらスクリーンを眺めていた。

EN

故宮博物院ってどこ?

PHOTO DATA

No

9949

撮影年月

2016年9月

投稿日

2016年11月25日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

スナップ写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ