アレブレボケの写真の中の女性が目を大きく見開いていた

森山大道の写真
東京の恵比寿にある東京都写真美術館で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

頻繁に訪れないものの、思い出したように訪れるところがある。東京近郊では鎌倉がその筆頭だ。由比ヶ浜が好きなわけでもなく、鶴岡八幡宮が好きなわけでもないのになぜだか時折訪れてしまう。強力でなくとも、しばらく時間が経つと訪れたくなるような地味な魔力を放っているように思える。都内でいうと恵比寿にある東京都写真美術館がそうだ。企画展が変わる度に訪れような熱心なファンではないけれど、やはり思い出したように赴いてしまう。

東京都写真美術館はその名の通り写真と映像に特化した美術館だ。都内に美術館は数多くあれど、写真・映像に特化しているのは珍しい。この時は森山大道展をやっていた。ありきたりかも知れないけれど、森山大道は好きな写真家のひとり。僕はチケットを買って中へ入っていった。

絵画と違って写真の場合、著名な作家の展示であっても混雑していることはほとんどない。この時も空いていた。ゆっくりゆっくり写真を眺めていくと、アレ・ブレ・ボケの写真の女性が平面から飛び出して語りかけてきているような気がした。

ENGLISH
2021年5月 静物 東京
作品 博物館・美術館 恵比寿

東京都写真美術館ってどこ?

PHOTO DATA

No

11918

撮影年月

2020年9月

投稿日

2021年05月26日

更新日

2021年11月10日

撮影場所

東京都写真美術館 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

RICOH GR III

恵比寿で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ