石灯籠の向こうに1644年に建てられた雑司ヶ谷鬼子母神堂が建っていた

雑司ヶ谷鬼子母神堂と石灯籠
雑司ヶ谷鬼子母神堂
関連する写真

交通量の多い明治通りからちょっと入ると、予想外にこんもりした場所がある。雑司が谷鬼子母神だ。周囲をびっしりと住宅に囲まれた狭い境内に、1664年に広島藩主浅野光晟の正室・満姫の寄進によって建立された由緒あるお堂が建っている。

鬼子母神堂はその名が示すとおり、鬼子母神を祀ったお堂だ。鬼子母神とは梵天や帝釈天、吉祥天、弁才天、大黒天などと同じように、仏教を守護する天部の一尊。平たく言うとインド古来の神が仏教に取り入れられて護法神になったもの。つまり、はるばるインドからやって来た神さまなのだ。

大勢の子どもを抱えるだった鬼子母神は大勢の子を育てられるだけの栄養をつけるために人間の子を捕えて食べていたという。それが釈迦の説教により改心し、転じて仏法の守護神になったのだそうだ。子どもがいるのだから鬼子母神には配偶者がいる。パーンチカという毘沙門天の部下がそうなのだけれど、鬼子母神が子どもを育てるために人間の子を食べていたのに対し、パーンチカにはそのようなグロテスクな逸話はない。子育てに苦労するのは男性よりも女性だというのは古代インドでも同じだったのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年1月 町角 東京
神社 石灯籠 雑司ヶ谷

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12159

撮影年月

2021年12月

投稿日

2022年01月28日

更新日

2022年04月25日

撮影場所

雑司が谷 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SAMYANG AF24MM F2.8 FE

雑司が谷鬼子母神ってどこ?

PREV & NEXT