樹齢600年とも700年とも言われる大銀杏の下に黄色い葉っぱがたくさん落ちていた

雑司ヶ谷鬼子母神の大銀杏
雑司ヶ谷鬼子母神の大銀杏
関連する写真

雑司ヶ谷にある鬼子母神の境内に大きな銀杏がそびえている。高さ約33m、幹の周囲は約11mもある堂々たる銀杏だ。樹齢は600年とも700年ともいわれているから、1664年に建てられた鬼子母神堂よりももっと古い。鎌倉時代から戦国時代、江戸時代、近代と流れ行く世相をじっと眺めてきた今でもしっかりを葉を茂らせている好々爺だ。僕がやって来た日も、周囲に黄色く色づいた銀杏の葉っぱが散乱していた。

鬼子母神は安産・子授けの神だから、境内にそびえるこの銀杏も抱きつくと子宝に恵まれると信じられているという。別名は「子授け銀杏」だ。しかしながら、それは昔のことだろう。東京都指定の文化財になってしまったからだろうか、今では銀杏の木は周囲を柵で囲われていて、気安く近寄れないようになっている。簡単に越えられるような柵とはいえ、勝手に柵を越えて抱きついたりでもしようものなら関係者に怒られてしまいそうな雰囲気が漂っているのだ。もったいない。妊婦たちが代わる代わる銀杏に抱きついている光景は、結構面白いと思うのだけれど。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年1月 自然 東京
銀杏 鳥居 黄色 雑司ヶ谷

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12160

撮影年月

2021年12月

投稿日

2022年01月29日

更新日

2022年04月25日

撮影場所

雑司が谷 / 東京

ジャンル

自然写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SAMYANG AF24MM F2.8 FE

雑司が谷鬼子母神ってどこ?

PREV & NEXT