ミラーの中に車両が現れた

ミラーの中の都電荒川線
東京の雑司ケ谷で撮影
関連する写真

雑司が谷の辺りには都内では数少なくなった路面電車である都電荒川線の線路が住宅街の中を走っている。都内を今でも走る路面電車は、この都電荒川線と東急の世田谷線のふたつだけだ。線路脇の道を歩いていると、時折荒川線が僕を追い抜いていく。

ちょうど踏切に差し掛かった時にも、また荒川線が近づいてきていた。踏切番が下がってきて、警報が鳴っている。ほどなく電車がやって来て踏切を越えていった。車両の先頭が踏切の脇に立つミラーに写り込んでいたけれど、運転手の姿はミラーの中に確認できなかった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年11月 東京 乗り物
踏切 トラム 雑司ヶ谷

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

249

撮影年月

2005年10月

投稿日

2005年11月26日

更新日

2022年04月07日

撮影場所

雑司ヶ谷 / 東京

ジャンル

鉄道写真

カメラ

CANON EOS 1V

雑司が谷ってどこ?

PREV & NEXT