二人の警官がユニークな屋根の下で働いていた

ユニークな形の屋根の下で働く警官
タイのバンコクにあるプラナコーン区で撮影
関連する写真

王宮の近くを桟橋に向かって歩いていた。王宮の奥にチャオプラヤー川を渡る渡船の桟橋があるのだ。この辺りはもともとバンコク有数の観光名所なのだけれど、僕が訪れた時はいつにも増して大勢の人で賑わっている。王宮では先ごろ亡くなったプミポン・アドゥンヤデート国王の一般弔問を受け付けていて、多くの弔問客もここにやって来ていた。炎天下を喪服で歩いている人が多い。観光客よりも多いような気がするくらいの弔問客がいるのだった。

弔問客を横目で見ながら僕は長い壁の横を伸びる歩道を歩いていた。すると、警官が待機している場所があった。このような状況だけに警官は忙しいのかと思いきや、そうでもないようだ。二人の警官は屋根の下の椅子に腰掛けて往来を穏やかに眺めている。二人からは忙しそうな雰囲気は微塵も感じられない。声を掛けると、じっとカメラを見てくれる。それにしても、変わった形の屋根だった。この場所は交通課のような部署が担当しているのだろうか。屋根はヘルメットの形をしていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年8月 人びと タイ
バンコク 警官 屋根
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10704

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年08月23日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

プラナコーン区ってどこ?

PREV & NEXT