市場で売られていた豚の顔は微笑んでいるようでちょっと怖い

慶州の市場で売られていた豚の顔
韓国の慶州にある市場で撮影 オザワテツ

慶州の市場では豚の顔が並べて売られていた

市場の中にある肉屋では豚の顔が並べられて売られていた。こんに大きな頭を丸ごと買って、どうやって食べるのだろう。さばくのも大変そうだし、そもそも家の台所にこんなものがあったら卒倒してしまう。でも、並べられているということは買って帰る人は多いのだろう。沖縄にチラガーがあるのと同じように、この辺りでも食べる習慣があるに違いない。

店先にいくつも並べられた顔はなんだか不気味だ。どれもこれも嬉しそうに笑っているように見えてしまう。もう死んでしまったことに気がついていないのかもしれない。考えれれば考えるほど、怖くなってしまった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

慶州ってどこ?

PHOTO DATA

No

2144

撮影年月

2008年7月

投稿日

2008年10月27日

撮影場所

慶州 / 韓国

ジャンル

食物写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ