犬吠駅のプラットホームはなぜだか南欧の雰囲気を醸し出そうとしていた

犬吠駅のプラットホーム
犬吠駅のプラットホーム
関連する写真

銚子駅と外川駅を結ぶ銚子電鉄にはわずか6.4キロの間に10のが設けられている。それぞれネーミングライツが売られていて、正式な駅名以外にも個性的な呼称が付いている駅はそれぞれ雰囲気も個性的だ。JRの駅のおまけのような銚子駅もあれば、昭和に取り残されたままになっているような外川駅もある。そのような中、犬吠埼灯台の最寄り駅である犬吠駅は予想をいい意味で裏切る西洋風な作りだった。

プラットホームには必要なのかどうか良く分からない壁というかフェンスが設けられていて、タイルでデザインが施されている。その雰囲気は千葉の片田舎というよりも南ヨーロッパを思い起こさせる。それもそのはず、犬吠駅の駅舎はポルトガルの宮殿風建築なのだという。南欧にある宮殿というと真っ先に思い浮かぶのは世界遺産にもなっているスペインのアルハンブラ宮殿だ。でも銚子電鉄はそのようなメジャーな存在には見向きもしない。その心粋には感心するものの、なぜゆえにポルトガルなのだろう。海辺の観光地風情を醸し出したいのであれば、別にポルトガルでなくともイタリアでもギリシャでもクロアチアでも良かったはずなのに。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年7月 千葉 町角
銚子 プラットホーム
銚子で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12330

撮影年月

2022年5月

投稿日

2022年07月23日

撮影場所

銚子 / 千葉

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

犬吠駅ってどこ?

PREV & NEXT