半分地下になったような府中本町駅のプラットホームで女の子が電車を待っていた

府中本町駅のプラットホームに立つ女の子
東京の府中本町駅で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

府中にある東京競馬場でレースが開催される日は大混雑するのであろう府中本町駅もレースのないこの日は閑散としていた。ガラガラの駅構内を歩いてると、無駄に大きいように思えてしまう。

この駅の南武線のホームは半地下になったような形になっていた。途中からコンクリートのトンネルの中にあるのだ。トンネルの中にあるプラットホームに立つと、すぐ向かいにはコンクリートのが広がるばかりで何もない。

何もないコンクリートばかりの壁を見ていると自分の中に違和感が湧き上がってきて、最初は何が違和感の原因なのか分からなかったのだけれど、そのうちに気がついた。大抵の場合、にある大きな壁という壁は広告に占拠されてしまっているのに、ここ府中本町駅の南武線のプラットホームの向かいにある壁にはデジタルサイネージはおろかポスターの類いも何もない。まっさらなのだ。

かつてはどこの駅の壁もこのように何もなく空白だったのだろうけれど、今となっては何も広告の掲載されていない壁は珍しい。それに広告に占拠された壁を見慣れてしまった人間は、何もない壁に違和感を感じるようになってしまうのだと実感。この感覚は沈黙恐怖症の空間バージョンみたいなものなのだろうか。

ENGLISH
2021年11月 町角 東京
府中 女の子 プラットホーム

府中本町駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

12099

撮影年月

2021年7月

投稿日

2021年11月23日

撮影場所

府中 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ