青物横丁駅

青物横丁駅
東京の青物横丁駅で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

プラットホームから改札へ続く階段を下る人影が見えた

品川から京急線で横浜方面に向かうと、急行電車が次に停車するのは青物横丁駅だ。京急本線のの中で存在感は薄いものの、その名前は個性的だ。個人的には梅屋敷駅と同じくらいに個性的だと思っている。なにせ横丁だ。鉄のレール上を走る電車の駅なのに横丁。大きな駅ではないけれど、横丁というほど質素でもない。実態とその名前が乖離しているように思うのは僕だけではないだろう。

その上、駅周辺を探しても青物横丁という地名はない。それもそのはず、青物横丁は地名ではなく俗称だ。江戸時代には青物横丁駅のあたりに青物を扱う市が立っていたのだという。青物とは野菜や山菜のこと。つまり八百屋が軒を並べていた横丁があり、その通りを青物横丁と呼んだのだ。

品川や大井、大森、蒲田辺りで収穫された野菜を農家の人が自力で運んできて商売をしていた青物横丁はたいそう賑わっていたようだ。今となっては駅名の由来となった青物横丁の名残はどこにも見当たらない。その代わり駅前にある大きなスーパーマーケットはたいそう賑わっていた。

ENGLISH
2021年9月 町角 東京
人影 プラットホーム 品川 階段

青物横丁駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

12044

撮影年月

2021年3月

投稿日

2021年09月29日

撮影場所

品川 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

品川で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ