外川駅に停まっていた銚子電鉄は出発に向けて準備万端だった

外川駅から出発する銚子電鉄
外川駅から出発する銚子電鉄
関連する写真

ゆっくり進む銚子電鉄に乗っていると懐かしい気分になるのは、速度が遅いからだけでもなく、車両がレトロなだけでもない。乗っていると、車両を車掌がちょくちょく歩いているのも懐かしい気分にさせる大きな要因だ。東京都内を走る電車にも車掌は乗っているものの、車掌室から出てきて車内改札をしたり、切符の精算するような機会に巡り合うことはほとんどない。それどころか都内のプラットホームには続々とホームドアが設置されているので、そのうち路線バスと同じように電車からも車掌がいなくなってしまうのかもしれない。

物心ついた頃には都内のバスに車掌は既にいなくなっていてワンマンバスばかりだったはずなのに、海外旅行先で乗ったバスに車掌が乗り合わせていると懐かしく感じるし、ちょっとホッとする。ハンドルを握る運転手には聞きづらいことも、車掌には聞きやすいからだ。代金も聞けるし、支払い方法も聞ける。ボディランゲージで会話を進めなければならないことの多い海外でちょっと手持ち無沙汰の車掌がいると大変助かるのだ。インドでも中国でも暇な車掌に助けられてような気がする。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年7月 千葉 乗り物
銚子 プラットホーム 列車
銚子で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12327

撮影年月

2022年5月

投稿日

2022年07月20日

撮影場所

銚子 / 千葉

ジャンル

鉄道写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

外川駅ってどこ?

PREV & NEXT