淡くライトアップされた水槽の中を多くの金魚が泳いでいた

アートアクアリウム美術館の金魚
アートアクアリウム美術館の金魚
関連する写真

進んでも進んでもライトアップされた水槽が並んでいて、中で金魚が泳いでいた。ここは東京銀座にあるアートアクアリウム美術館で、その名の通りアクアリウムをモチーフにしている。中には金魚を放した水槽がいくつも置かれていて、それぞれが暗闇の中でライトアップされているのだ。色とりどりのライトを浴びて泳ぐ金魚も美しいし、淡い光の中を泳ぐ金魚も美しい。ライトアップは時間とともに移り変わり、水槽の中を泳ぐ金魚の配置も時とともに変化する。水槽の表情は一刻一刻と移ろい、二度と同じ顔を見せてはくれない。その儚さが美術館と称する所以なのだろう。

そういえば美術館とは謳っていないけれど、アクアパーク品川でもライトアップされた水槽があった。あちらで泳いでいたのはクラゲだったけれど、やはりライトを浴びて泳ぐクラゲは美しかった。そう思いながら水槽を眺めていると、美術館と水族館の違いがなんだかよく分からなくなってしまった。水族館だろうと動物園だろうと、照明を落としてライトアップに凝ればアートと名乗れる余地があるような気がしてきた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年11月 動物 東京
水槽・水族館 銀座 博物館・美術館
銀座で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12392

撮影年月

2022年7月

投稿日

2022年11月07日

撮影場所

銀座 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

アートアクアリウム美術館 GINZAってどこ?

PREV & NEXT