銀座を歩く親子連れ

銀座を歩く親子連れ
東京の銀座で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

幼い男の子を連れたお母さんが夕暮れ時の銀座を歩いていた

ウロウロしていたら日が暮れてきた。徐々に周辺が暗くなっていた。銀座にも夜の帳はあるのだろうが、それが下りるのはまだまだ先のこと。銀座通りに立ち並ぶビルには煌々と灯りが点いていて、路上にはまだまだ大勢の人が闊歩していた。町が静まり返るのにはまだ早い。夜の帳は早いところ下りてしまおうと思っても、下りてこられないのだろう。

日が暮れた後でも、都会にはどこかしらに明かりが灯っている。繁華街に行けばお店の灯りがあるし、信号機も光っている。住宅街であれば真っ暗かといえばそうでもなく、街灯があるし、家の光も外に漏れている。なかなか人工の光がまったくないところというのはないのだ。

東京で生まれ育った僕が、本物の夜の帳を見たのは大きくなってからのことだった。それはラオスルアンパバーンだった。日が暮れてからメコン川沿いの道を歩くと、自動車のライトもないし、人家の灯りもないし、さらには曇っていたのか空に月も星も見えず、文字通り真っ暗だった。その時、僕は生まれて初めて「夜の帳」を体感したのだ。向こうから歩いてくる人の姿も見えないような暗闇の中で、これが本に出てくる夜の帳かと感心したのをよく覚えている。

ENGLISH
2021年8月 人びと 東京
銀座 親子 歩行者

銀座ってどこ?

PHOTO DATA

No

12004

撮影年月

2021年2月

投稿日

2021年08月20日

撮影場所

銀座 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

銀座で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ