ユラユラしたイソギンチャク

ユラユラしたイソギンチャク
東京のアクアパーク品川で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

イソギンチャクが水槽の中で触手をユラユラと動かしていた

アクアパーク品川で多くの人を集めているのは、クラゲが中でプカプカ浮いている水槽だった。もちろん水族館なのだからクラゲ以外の生き物も展示されているのだけれど、ライトアップされて光っているクラゲに勝てる生き物はあまりいない。キラキラに対抗できる武器を持つ生き物は少ないのだ。

クラゲが沢山展示されているジェリーフィッシュランブルを抜けて2階に上がると、クラゲのいない展示室には人も同じようにいなかった。クラゲ以外のものに関心を持つ人は少ないのかと思いつつ、ガラガラの展示室で僕はイソギンチャクのいる水槽の前に立ち止まった。

クラゲのようにプカプカと浮いているわけではないけれど、その代わりに伸ばした触手がユラユラと水の中を漂っている。数えきらないほど多い触手がユラユラしているのを眺めていると、なんだか手招きされているかのようだ。危ない。もし僕も同じ海の中にいたらイソギンチャクの思うがままになってしまいそうだ。触手にある毒で麻痺されて、気がついた時にはイソギンチャクの胃の中にいるかもしれない。

ENGLISH
2021年9月 動物 東京
水槽・水族館 品川

アクアパーク品川ってどこ?

PHOTO DATA

No

12039

撮影年月

2021年2月

投稿日

2021年09月24日

撮影場所

品川 / 東京

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

品川で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ